<< あら、意外と… | main | 来年もよろしく >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ドイツW杯抽選!
さてさて、きちゃいましたねぇ。
仕事に出る前にチェックだけはしておきました。さすがに朝5時に目を覚ますことはできなかったのですが…。
まあいろんなトコロで盛り上がっているとは思うんですが、こちらでも勝手に細々と(笑)盛り上がってみましょう。

組み合わせ抽選会速報
ポール・ギバルシュタインによるW杯1次リーグ予想
【以上スポーツナビ】

《赤字はシードポット(ポットA)だった国》
■グループA:ドイツ、コスタリカ、ポーランド、エクアドル
…他の国には申し訳ないが、まあ一抜け筆頭はドイツじゃないかなぁ…。
あとの3国はさっぱりわかりませんね。どこが抜けてきてもおかしくないと思います。
申し訳ないけど、ポーランドはないと思うので…うーむ、ドイツと…コスタリカでどうだ?!

■グループB:イングランド、パラグアイ、トリニダード・トバゴ、スウェーデン
最近のイングランドってどうなんだろ。攻撃陣には若手の人材がいるけど…。
まぁランパードがいるし、この組み合わせならあまり問題はないでしょうかね。
ここもA組と同じく、他の3国はかなり読みにくいですね。アフリカ勢が初参加の国が多いからなんですが…。
トリニダード・トバゴがひっかきまわしてくれると面白いとは思いますが、まあここは素直に、イングランドとスウェーデンで。

■グループC:アルゼンチン、コートジボワール、セルビア・モンテネグロ、オランダ
…なるほど、こりゃ死のグループと呼ばれるわけだ…。
アルゼンチンとオランダってだけでも大興奮なのに、そこにセルビア・モンテネグロ(旧ユーゴスラビア)がからむとは…。
コートジボワールも有名ではありませんが決して侮れない相手なので、安パイ扱いできる試合は1つとしてないでしょう。
でもやはり、希望としてはアルゼンチンとオランダが決勝トーナメントにきてくれないと、面白くない!

■グループD:メキシコ、イラン、アンゴラ、ポルトガル
ここは、イラン・アンゴラには申し訳ないけどメキシコとポルトガルじゃないかと…。
特にここ最近のメキシコは粘り強い印象。圧倒的な強さではないですが、ハズレのない個人技と崩れない連携が見事にマッチングしていると思います。
南米勢の中ではかなり好きなサッカーですね、メキシコ。
ポルトガルがどんなサッカーをするのか、にも注目。

■グループE:イタリア、ガーナ、アメリカ、チェコ
なんかここもキツいグループみたいな言われ方してるんだけど、そうかなぁ…?
イタリアはかなり抜けてると思うんだけどなぁ。
チェコがいるから?
でもガーナはともかくアメリカってこの中だとどうだろう?
イタリアとチェコだと思うけどなぁ、普通に…。

■グループF:ブラジル、クロアチア、オーストラリア、日本
我らが日本の登場です。
最初に見たときは「あっちゃー…」と思いましたが、まあでもW杯でブラジルと対決できるのもそうそうあることではありません。
できれば決勝トーナメントで、ガチに当たりたかったですがまぁまぁそれは後年の楽しみということで(おいw)。
さて、ブラジルの強さはまさに圧倒的でしょう。
普通に考えればネッツァーに「日本はノーチャンス」と言われるのも止む無しです。
ただ、ポイントはあります。
私の独断と偏見では、日本代表は中欧の「つなぐサッカー」とは比較的相性がいいのです。
放り込みを多用し身体能力に任せて長く走られるサッカー、いわゆる中盤を省略してくるサッカーにはとんでもなく弱いですが、細かくつないでしっかり中盤を作ってくるサッカーには割とそれなりに(笑)対抗しえます。
ですので私の独断と偏見によると、日本は勝ちをどこから挙げるか、となると実は一番可能性が高いのは、クロアチアなのではないか、と踏んでいます。
日本vsブラジルはグループの3戦目になりました。
日本がオーストラリアに分け、クロアチアに勝ち!という経過で、さらにブラジルが2勝を挙げている、という状況ですと、ブラジルがロナウジーニョなどの主力を温存する可能性も見えてきたりしちゃったりして。

しかしその状況というのは、2戦終わった時点で
ブラジル:2勝、日本:1勝1分、オーストラリア:1敗1分、クロアチア:2敗
ということなわけで…。クロアチアが2敗ってのはありえないかなぁ…ううむ。
ま、まぁ、希望をこめてブラジルと日本で!

あ、そうそう。
チャットで指摘があってハッとしたんですが、3つの対戦国は全てカズがプレーした経験のある国です。
…ジーコはカズを代表スタッフに召集しろ!今すぐに!

■グループG:フランス、スイス、韓国、トーゴ
フランスは確定でしょうな。
韓国は…予選突破後のゴタゴタからすると、申し訳ないけど日本より落ちるのでは、と見ております。
トーゴがどのくらいやるのか、というのもありますが、まぁフランスとスイスかな。
…フランスがトーゴあたりに足をすくわれなければ、だけど。

■グループH:スペイン、ウクライナ、チュニジア、サウジアラビア
ここも…普通に考えてスペインとウクライナでしょう。
チュニジア、サウジアラビアでは残念ながら、そうそう覆しえる差ではないと思います。
あるとすれば、スペインあたりが日韓のときのフランスのような状況になる可能性ですが…。
それも考えにくいなぁ。


スポナビのコラムでは、グループの1位2位の予想から決勝トーナメント1回戦の組み合わせまで予想していますが、私はちょっとそこまではできそうにありません。
ただ、日本がグループ2位だとするとE組の1位と当たることになります。
私の予想だとイタリアかチェコなんですが…。
私の「中欧組し易し」理論だと、チェコにきて欲しいなぁ。
ガチのイタリアにはまあ勝てまい(笑)。
| スポーツ | 21:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:52 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shuwaku.jugem.jp/trackback/39
トラックバック